華夏未来の本部は天津で、23年の歴史を持つ。本部は4万平方メートルの二ビルと5万数平方メートルの児童公園を含む。それは子供を向けて校外文化芸術教育と校外活動、国際文化芸術交流を行う重要な拠点です。それで毎年のトレーニングした学生は10万人で、年には活動に参加した人数は百万人に達した。天津市対外文化交流のウィンドウとして、華夏未来は前後して全国少年のバイオリンコンクール、全国少年の歌手コンクール、全国少年のダンスコンクール、国際子供の声合唱祭、天津国際少年の芸術祭、世界子どもの絵画コンテスト及び展覧会など国内外で大型の少年の芸術活動を主催し、引き受けた。その影響力が中国におよび、世界に関わった。華夏未来少年芸術団は天津市の名刺として、中国を代表して世界の百の国と地域を訪れ、30の国家元首の接見を受けた。2015年に華夏未来児童芸術文化教育のブランドは正式にグローバル拡張の計画を開いて、それぞれにアメリカワシントン、カナダバンクーバー、のアモイ、大連、徐州などで分センターを創立した、全面的に子どもの芸術教育を中心とし、体験するサービスを拡張とし、グローバルの拡張をガイドとする総合一体化産業体係を構築した。中国の児童芸術教育の指導者として、華夏未来はきらびやかな風採と開拓革新の精神を、新しいピークへ登っている。